【キャンプ 初めて】何を買い揃えるべきか

キャンプを始めるのに何を買い揃えるべきか Outdoor
スポンサーリンク

これからキャンプを初める
・キャンプは安く済む?
・揃えるべき道具と総額は?
・キャンプ場を探すには

3密は避けましょうということで、キャンプブームが来てますね。
「これからキャンプを始めるけど、何を買い揃えたらいいのかわからなくて・・」
「キャンプ道具っていくらぐらいかかるの・・・?」

という人も多いと思いますので、そういった人向けになります。
安い物も多い道具ですが、安すぎると貧弱すぎてキャンプが楽しめません。価格は安くてもしっかりとした道具を紹介していこうと思います。

キャンプは何を買い揃えるべきか

何を買い揃えるべきか
日帰りのデイキャンプではなく、宿泊を伴うキャンプに行くとして、最低限必要な道具〜あると便利な道具まで紹介をして行こうと思います。

1.テント
2.机
3.椅子
4.寝袋(毛布類)
5.食器類
6.火類
7.ランタン(灯り)
8.焚き火台
9.薪や炭やトング
10.ワゴン

一般的なキャンプならこんな感じでしょうか。
欲が出てくると、

11.タープ
12.クーラーボックス
13.コット
14.棚
15.ウォータージャグ
16.暖房器具
17.電源
この辺りまであると快適さ増してきますが、荷物も凄いことになりますよ。
車への積み込み作業も大変です。
そもそも車に人乗せて積載できますか?

車のサイズは考えてくださいね。

それでは初期投資でいくらぐらいになるのでしょうか。

キャンプは安く済む?

キャンプは安く済む?
何と比較するかによるんですが、同じ宿泊する行為と比較するのなら、ホテルや旅館よりも安く済むのはまず間違いないです。

ただ、最初に買い揃える時の初期投資にお金を使います。

道具さえ揃ってしまえば、毎回大体同じ道具使うのでそこにお金はかかりません。
道具以外でのキャンプに行く時に出て行くお金はというと、

・ガソリン代
・高速代
・食材費
・キャンプ場利用料(有料の場合)

この辺りですね。
ホテルや旅館も車で行くならガソリン代と高速代はまぁ同じですので、食材費とキャンプ場利用料だけですね。

食材が数千円で、キャンプ場利用料は場所によりけりですが、1区画(1テント)2,000円〜5,000円ぐらいです。
フリーサイトなら500円〜とかもあります。

キャンプに慣れれば無料キャンプ場もいいですよ。有料と無料キャンプの違いは設備の違いで、もちろん有料の方が快適に過ごせる設備が揃ってます。

流し場、お風呂やシャワー設備、ウォシュレット付きトイレ、自販機や売店、照明、芝生などのメンテナンスなどキャンプ場によってレベルは様々です。

無料キャンプ場は男女兼用のトイレ1つのみ、というとこもありますし、流し場とトイレのみとか、手入れされてないだだっ広いだけのとこなど、設備レベルは劣りますが、人もやはり多くないので静かにのんびりとしたい人は慣れれば無料キャンプ場はオススメです。

でも、熊とか野犬とか狸とか狐とか、野生の動物も夜には出るので注意してください。

ファミリーキャンプは大概有料キャンプ場になりますが、それでも夜の寝静まったらゴミとか残した食べ物を求めて動物が出てきますね。少なくともテントの前室は閉めて寝ましょう。

ホテルや旅館で1家族泊まるのに仮に50,000円としたら、有料キャンプ場なら5,000円、安く済むのは間違いありません。

揃えるべき道具と総額は?

さっきの道具一覧ですが、いくらぐらいするのでしょうか?
アウトドア用品専門サイトからそれぞれピックアップしていってみましょう。

ファミリーキャンプの4人家族想定です。

1.テント58,960円(税込)
テント本体+マットとグランドシート付き


2.机7,490円(税込)


3.椅子6,990円×4脚=27,960円(税込)


4.寝袋(毛布類)6,190円×4個=24,760円(税込)


5.食器類7,490円(税込)


6.火類7,425円(税込)


7.ランタン(灯り)3,120円(税込)×2個=6,240円


8.焚き火台5,099円(税込)


9.薪1,467円や炭1,003円やトング1,166円 3,636円(税込)






10.ワゴン7,990円(税込)


ここまでで、157,050円ですね。
想像とどうですかね?意外と高くないですかね?
ここから下はあると便利になったり、快適になるよって道具達ですね。

11.タープ12,900円(税込)


12.クーラーボックス10,334円(税込)


13.コット7,490円(税込)


14.棚5,080円(税込)


15.ウォータージャグ1,655円(税込)


16.暖房器具11,573円(税込)


17.電源23,100円(税込)


11〜17までで72,132円
1〜17まで買い揃えると229,182円になります。
これをアウトドアの有名ブランドで揃えるとなると、40万50万ぐらいの金額になってきますよね。

忘れてました。
枕・・・は1,990円(税込)×4個=7,960円


あとついでに贅沢な食材(肉)ならミートガイですかね。食材は道の駅とかスーパーとかで調達しても全然問題ないんですが、せっかく外で食べるならなんか普段食べないような贅沢な肉なんかいいと思います。即日出荷して2,3日の短納期が好評です。
ミートガイについては以前書きました。

【キャンプ 肉】アウトドアの肉は特別な物にしませんか?

キャンプはこれからって人の参考になればと思います。

キャンプ場を探すには

道具揃えるところまではいいとして、どのキャンプ場を選べばいいの?って人も居るかもしれません。

探せるサイトはいくつもありますが、よく使うのは【なっぷ】ですね。あと【はちのす】も使う場合もありますが、はちのすはバイカー向けのサイトにはなっています。

キャンプを重ねていけば、自分に合ってるキャンプ場も見つかって、そこが行きつけのキャンプ場になればいいですね。

まずはキャンプ道具を揃えてみてはいかがでしょうか。いきなり全部は無料でもとりあえず、テントの寝袋と椅子とテーブルだけあれば、最初は外でカップラーメンとかでもいいと思います。朝起きたらインスタントのコーヒーとパンだけでも気持ちが変わるもんです。

そして、キャンプ道具は使ったら汚れやゴミは取って手入れしたほうがいいですよ。帰ってきたら干したりして湿気を逃してあげるとかしないと、カビの原因になったりしますからね。
外に干せなくとも、テントや寝袋も出来れば風通しした方が長持ちしますよ。

それでは楽しいキャンプライフをお過ごし下さい。
以上です。

スポンサーリンク