【ビジネスシューズ コスパ】おすすめブランドは一つ

コスパ最強 Jobs
スポンサーリンク

探してる靴
・1万円以下で探してる

・見た目も気にはしてる

・出来れば疲れにくい靴

・雨の日はどうなの?

・結論

仕事で履く靴にお金はかけたくない。
出来れば5,000円以下、出せても1万円以下。

でも貧相なビジネスシューズは流石に履きたくはない。

そういうビジネスシューズを探してる人向けになります。

17年間、様々なビジネスシューズを履いてきた現役サラリーマンによる紹介です。

■コスパ最強のおすすめブランドは一つ

コストパフォーマンス
色んなブログを見てると「○○のおすすめ10選」とか「△△△のおすすめ20選」とか紹介してるブログありますよね。

あれって、結局どれを選べばいいかわからなくなりませんか?
そんなに20もいちいち説明見てられない、スクロールしていくのがすごい大変。

本当におすすめするなら厳選に厳選して、3選とか多くても5選にして欲しいです。それ以上はお勧めではなく、ただの商品一覧紹介だと思います。

今回は極端ですが、お勧めブランドを一つだけお伝えします。
とりあえず、これを買っておけばまず間違いないでしょう。

■1万円以下で探してる

16500円(税込)
これは誰もが知ってるとあるブランドのビジネスシューズです。

照明具合もあって予想しにくいかもしれませんが、いくらぐらいだと思いますか?

公式価格では16,500円(税込)です。

Amazonで値引き入って12,000円(税込)ぐらいです。

写真のビジネスシューズは今回対象の1万円以下で紹介する物とは違いますが、このブランドでは一番高い公式価格が25,300円(税込)となり、16,500円は実は二番目に高い公式価格設定です。

二番目でこの雰囲気なので、これから紹介する1万円以下のビジネスシューズは十分満足いくんじゃないでしょうか。

■見た目も気にはしてる

8800円
この靴、どうでしょうか。
公式価格は8800円(税込)でAmazonでは6,500円(税込)です。
Amazonレビューは92の評価コメントがあり、星4つです。

先程と同じブランドですが8,800円(税込)です。
Amazonだと6,870円(税込)となってました。

これも同じブランドで1万円以下となります。
1万円以下ですが、Amazonでは695の評価中、星4つ半と高評価です。

形もめちゃくちゃ綺麗でREGALの店頭で並んでいても全然違和感ないですよね。
REGALの2万円3万円の靴の中に安い靴があればとりあえず気になって見てみますが、やっぱり見た感じで違う感あるから売れ残ってるんだなと、思うはずです。

でもこの上記写真のビジネスシューズは違います。
なんと、Amazonのメンズビジネスシューズのカテゴリでベストセラー1位になってます。

1万円以下で星4つ半、靴自体めちゃくちゃすごいクオリティだと思います。
3万円と言われても違和感ないです。

■出来れば疲れにくい靴

当然ながら、ビジネスシューズは仕事中と通勤の往復で10時間×5日間履き続けるわけで、言わずもがなですが、楽なビジネスシューズがいいですよね。

見た目はシュッとしててかっこいいかもですが、帰りの電車で足の裏に疲労を感じるのは遠慮したい。

履いてる間に違和感なく、程よくフィットしてる靴がいい。

疲れにくい靴は総じてサイズが合わないとか、地面からの衝撃を受けすぎるかの2パターンに分かれるので注意したいところてむすが、1万円以下のビジネスシューズを探してる時点でそこは価格と求める機能面とが釣り合わなくてハズレな靴を履くことになった事はありませんか?

私も今までは機能面はいっさい意識せずに見た目と価格で選んできたタイプです。

「履き心地とか相性の問題でしょ?」
ぐらいに思っていたので、疲れる疲れないなんて考えた事なかったです。
どのビジネスシューズ履いても疲れる物だと。
やっぱりカチッとしてる分硬いんですよね、全体的に。柔らかいといっても表面上の柔らかさで、歩いた時に足の指付近に表面の革が足の指に干渉して痛くないかぐらいの確認でした。

こっち方面からのアプローチしてるビジネスシューズがあるなんて知りませんでした。

■雨の日はどうなの?

革靴の天敵が雨ですよね。
このブランドのビジネスシューズと革靴なのでその辺は同じです。

靴下まで濡れて気持ち悪かったり、これから冬場は靴の中が濡れたら足が冷えてきますからね。

夏は濡れた靴下が靴の中で蒸してしまうとかあったりします。

でも今は防水仕様ののGORE-TEXが使われているビジネスシューズもあるんです。

勿論このブランドでもラインナップはあります。
あるんですが、流石にGORE-TEXは1万円以下ではありません。

Amazonで12,500円ぐらいです。
GORE-TEXでこの価格なら十分安いんですが、最初はGORE-TEXじゃなくてもいいかもですね。

アウトドアならGORE-TEX素材のパーカーとか色々あって馴染みなると思いますが、ビジネスシューズのGORE-TEXって表面は牛革とかでしょ?って話なんですが、実はその革の内側にGORE-TEXで足を包む様に使われているんですね。

なので、雨降ったら革そのものは雨を通していくんですが、その下はGORE-TEXなので雨が入らない構造になっています。

だからGORE-TEXの服関連みたいに表面から弾くわけではありません。
表面は濡れますが靴の中は濡れない、また湿気も逃すので湿度高くても蒸れにくいのはGORE-TEXの服と同じです。

通気性でいうとGORE-TEXじゃなく普通の靴の方がいいですからね、雨はGORE-TEXでそうでなければ普通の靴を履くというパターンで防水用を持ってる人は使い分けしてる人は多いと思います。

■結論

テクシーリュクス
アシックス商事のビジネスシューズです。

アシックスのビジネスシューズは
・ランウォーク
・テクシーリュクス

この2つのシリーズありますが、アシックスが出しているランウォークは価格帯が上で2.5万あたりが平均ですが、子会社のアシックス商事が出しているテクシーリュクスは平均でも8,000円ぐらいじゃないでしょうか。
Amazon価格だと7,000円ぐらいです。

[ランウォーク] ・アシックス
・平均2.5万ぐらい

[テクシーリュクス] ・アシックス商事(アシックスの完全子会社)
・平均8,000円ぐらい

他の違いは
[ランウォーク] ・テクシーリュクスと比べると硬い
・デザインがよりビジネスより

[テクシーリュクス] ・柔らかい
・デザインは気になる人はふわっとしてる

オススメの靴
何よりもこのクオリティでこの価格はやばいです。

公式で買うよりもAmazonが安いのでそこでの購入をおすすめします。

あとAmazon wardrobeでサイズ違いを取り寄せてみて7日間までの試し履きをしてみてください。
その後は不要なサイズは返品できます。

テクシーリュクスとは

【ビジネスシューズ コスパ】テクシーリュクスとは

以上です。

スポンサーリンク