【Kyash クレジットカード】35歳以降が持つカードはシンプルデザインを

サラリーマンへおすすめのクレジットカード Life
スポンサーリンク

・ノーブランドのクレジットカードを探してる

・電子マネーかクレジットカード払いを好む

・高い還元率のクレジットカードがいい

・Kyashの特徴

・まとめ

社会人になるとクレジットカードを持つようになります。

歳を重ねていくと、人がどんなクレジットカードを持っているのかなんとなく気になります。(個人差はありますが)

それ相応の年齢の人が、エポスカードで支払いしてたら「あれ?」って。

20代や30代前半ならエポスカードいいと思いますが30代後半以降になると、ちょっとエポスカードを出すのを躊躇うというか。
(ちなみにエポスカードのゴールドは持ってます)

なんか「クレジットカード出す時にカードを見られるとなんか恥ずかしいな」という人向けです。

■サラリーマンが持つカードはシンプルデザインを

クレジットカード枚数
クレジットカードは財布に何枚入れていますか?

私は2枚です。

1枚はラグジュアリーカード
1枚はKyashカード(プリペイド式クレジットカード)

コロナ後は現金で払うよりもクレジットカードや電子マネーで払う人が増えているようですね。

衛生面でQRコード決済が増えた
キャッシュレス決済に関する調査より

現金は誰かが触っていた物なので綺麗ではないですからね。
気になる人は衛生的に気になるのでしょう。

コロナ前は気にならなかった事が、急に視点が変わると意識って変わるものなんですね。

ちなみに私はコロナ前からずっと電子マネーかクレジットカード払いが9割で1割は現金払いです。
衛生的にではなくて、お釣りをもらったりお金を数えて渡したりの手間だったのですが、今では財布には毎月5,000円だけ入れてます。

行きつけの床屋が現金のみなので、そこで2,700円払う用ですね。

イオンのクレジットカードやエネオスのクレジットカード、エポスカード、百貨店のクレジットカード、楽天カードや、Amazonカードなど、沢山のクレジットカードあります。

そのクレジットカードを出すと、別になんとも思わないのですが、例えば「あ、エネオスね」みたいなのがわかるのが気になる人って私だけではないはず。

わかるだけでそれ以上深くも考えませんが、表面的にパーソナル情報が見えるのがなんか気になるんですよね。

■ノーブランドのクレジットカードを探してる

ノーデザインのカード
ダイレクトにクレジットカードのブランドを持つならAMEXとかJCBとか色々ありますが、自分の生活圏と関わりがあるクレジットカードのほうが、優待とかポイントとかの恩恵受けやすいですよね。

だからみんなイオンとかANAとか楽天とか日常で使っているところでクレジットカードを作って恩恵を受けています。

それがバレるのがなんか嫌だという人はKyashのクレジットカードがオススメです。

クレジットカードのデザインはシンプルです。
最近のデザインのトレンドは無地などのシンプル化ですからね。

Kyashのデザイン
Kyashの公式より“

プリペイド式のクレジットカードなので、カードに残高がなければ紐付いている口座やクレジットカードから自動的にチャージされて支払いができます。

Kyashのカードにメインで使うクレジットカードを紐付けでおけばポイントはそのまま付与されるので問題ありませんし、何より見た目も気にしなくていいのは楽ですよね。

■電子マネーかクレジットカード払いを好む

キャッシュレス
Kyashに関しては、QUICPayが使えますので、スマホで支払いも可能です。
Apple PayやGoogle Pay対応していますので色んなところで決済出来て楽ですよね。

そして電子マネーに慣れると、現金払いをしている人のレジ待ちにストレスを感じ出します。

コンビニでもレジ前に並んでいて、お会計してる人が現金で支払いしてたら小銭だしたりお釣りもらったり、それを財布にしまってたりしてる時間の僅か何秒とかなんでしょうけど、なんかちょっと待つのがストレスに感じる事もあったり。

QUICPayやIDとかPayPayとか色々普及してますからね。電子マネーもわざわざ「PayPayで」とかを言わなくてもいいようにしてほしいです。

「電子マネーで」ぐらいに統一させてくれると助かりますよね。

■高い還元率のクレジットカードがいい

クレジットカードの還元率
クレジットカードの通常還元率は0.5%が一番多いのではないでしょうか。
特定の施設で使うと1%とか2%とかのクレジットカードポイントが付与とかはありますが、全国どこでもとなると大体0.5%が多くなります。

Kyashの還元率は常時1%が付与されます。
付与されたポイントはチャージがそのまま出来るので1,000ポイントあれば1,000円としてそのまま使えます。

以前は2%だったのでかなりよかったのですが、1%に変更されました。
今後も下がる可能性はありますが、とりあえず1%はどこで使っても付与されるので使う場所問わず。

↓↓追記
***
2/10からはメインのクレジットカードに紐付けてそっから決済の還元率が1%の還元率から0.2%の還元率へと変更です。
高い還元率だったkyashはいなくなりました。
銀行口座からのチャージ分残高は引き続き1%の還元率になります。
***

ただ、プリペイド式のクレジットカードなので、使えないところはありますね。
例えば毎月継続して決済されるスマホの支払い用にKyashは登録できません。

あとガソリンスタンドも使えなかったですね。
クレジットカードが使える券売機系はダメだと思います。
定期券を買う時に券売機で使うとダメだった記憶ありますし。

あとネットでの買い物時にも使えないところはありますが、Amazonは使えます。

〜Kyashが使えない〜
✔︎継続決済するような支払い形態

✔︎ガソリンスタンド

✔︎券売機

■Kyashの特徴

Kyashの特徴
Kyashの公式より

以下はKyashの公式サイトに記載があった大きな特徴です。

✔︎Visa加盟店、QUICPay+加盟店でどこでも使える
銀行やクレジットカードなどから事前に入金するとVisa加盟店なら、街のお店でもオンラインでもどこでも使えます。
Apple Pay、Google Pay にも対応しており、QUICPay+加盟店でもお買い物できます。コンビニやスーパーなど日常のお買い物で利用可能です。

✔︎Kyash Cardなら1%ポイント還元お得にお買い物
Kyash Cardで決済した金額の1%*をポイントとして還元します。
1ポイント=1円で残高に入金して、Visa加盟店、QUICPay+加盟店で使えます。
使うたびにお得になるカードです。

✔︎利用すると通知が届き、履歴に反映何にいくら使っているか一目瞭然
お買い物をすると、スマホに通知が届きます。履歴は自動でカテゴリーが振り分けられ、その月に何にいくら使っているかがリアルタイムに確認できます。
支出の管理がし易く、使い過ぎ防止に役立ちます。

✔︎スマホで利用上限額を設定、カードロック 使いすぎを防ぎ、安心に使える
「カード設定」機能で利用上限額の設定、オンライン、海外決済をON/OFFできます。
カードロックもスマホ上で可能です。
使いすぎを防いで、安心に使うことができます。

✔︎アプリで割り勘・送金・出金 その場ですぐに送れて、受け取れる
Kyashアカウント同士なら、いつでも送金手数料無料*1でリアルタイムに送金したり受け取ったりできます。Kyashから銀行口座へ出金も可能です。

■まとめ

kyashのポイント
Kyashの公式より

まとめると、メインで使っているクレジットカードを全面に出さずに、デザインがシンプルなKyashのクレジットカードを出して、1%のポイント還元を得つつ、メインのクレジットカードのポイントも同時にもらえる二重取りが出来るというもの。

・Kyashにメインクレジットカードを紐付ける

・ポイントの二重取り

Kyashは常に1%還元
 2021年2/10から還元率は0.2%へ変更

・カードのデザインはトレンドのシンプルデザイン

Kyashのカードとメインのクレジットカードを紐付けさえしておけば毎回お得ですし、Kyashに紐付けるクレジットカードは複数登録できるので、自分のメインのクレジットカードと、家のクレジットカードの両方登録して、お会計の時にKyashのアプリから引き落とし先のクレジットカードを都度変えることも出来ますよ。

今使っているクレジットカードのデザインが気になるという人はKyashのカードを発行して、そこにメインカードを紐づけてみてはいかがでしょうか。

見た目もシンプルで今よりも+1%還元されるのでお得です。

ただし、「カード発行手数料900円」がかかります。

Kyashカードのユーザーからの招待なら900ポイントが付与されますので、招待であれば実質カードの発行手数料は無料ということになります。

Kyash Cardをすでにご利用の方のみが発行できる招待専用ページを通じて、お友達がKyashに会員登録し、本人確認を行った上で銀行口座へ入金をすることで、両者にKyashポイントをプレゼントします。

上記のプログラムがあるので、招待する側、招待される側の双方にポイントが付与されるみたいです。
Kyashのカードを登録して、本人確認をした上で銀行口座からKyashへ入金をすると900ポイントがもらえるようです。

なので、その後はメインのクレジットカードに紐付けして引き落とし設定をしていきましょう。

招待限定プログラム
招待した人:紹介1人あたり、300ポイント (上限3,000ポイント)
招待された人 :900ポイント (Kyash Card発行手数料が実質無料)

勿論私もKyashユーザーなので、Kyashのカードを持とうかなと考えている人は

①以下の招待バナーから登録

②カードを発行する

③銀行口座からKyash残高にチャージをする

①②③で900ポイントが入り、カードの手数料は実質0円になります。
招待者である私は3,000ポイント(10人分)までと上限ありますが300ポイントが入るようですね。

気になる方はどうぞご活用ください。

以上です。

スポンサーリンク