【専業主婦 育児】子育てに旦那が協力してくれない日常から脱出する方法

Life
スポンサーリンク

求めるもの
・私だって自由な時間が欲しい

・あなたはこの子の父親なのに

・一緒に育てていきたい

「ストレスを軽減するにはどうしたらいいのか、不満を少しでも解消したい」

小学生未満のお子さんをお持ちの家庭ならそういった悩みは強いと思います。

ちなみに日本では全体的に女性が男性の子育ての姿勢に不満を持っているのは60%〜70%にものぼると言われています。

この手の内容は女性目線での記事はよく見かけますが、男性目線では少ないのでまとめてみました。

ちなみに私の状況はというと、
・3歳の娘が1人
・保育園に預けてる
・夫婦共働き
・通勤時間は60分
・土日祝は夫婦どちらも仕事休み
・子育ては率先してしている(はず)

子育てに旦那が協力してくれない

子育てに旦那が協力してくれない
専業主婦の方の場合は特に旦那の言い分としては「仕事」ですよね。
会社員は週5日出勤して 9時〜18時 + 残業20時まで して、帰ると21時回る生活なら子供も寝る間際、もしくはもう寝ている時間ですよね。

だから朝出勤して夕方以降〜夜遅くに帰ってくる日常で疲れているから子供の相手が出来ない・・・、寝るまでの間で読書やテレビやゲームをしたい、とか。

私は20時前後に帰宅して、子供が寝るまでの1時間ぐらいですけど戯れあってます。
朝は6:40に起きて子供は7時ぐらいに起きて、7:40には家出るので朝はそこで子供にバイバイ。
保育園へは園から職場が近い奥さんが送迎してます。

なので朝は流石に子供のお世話は奥さんになりますね。

協力しない男性は子育てよりも自分時間を優先に考えるのは自分の時間を持ってるのが当たり前という感覚を持っていて、逆に女性からすると少しの時間だけでも旦那が子供のめんどうを見てくれると一息つけるのに・・・と考えるのでしょう。

朝起きて、朝ごはん作って、子供のトイレ付き合って、なんとか着替えさせて、家の掃除をして、子供の相手をしながら洗濯してあっという間に午前が終わり。

毎日毎日毎日毎日 週5日は勿論、なんなら残りの2日もずーっと子供と一緒なんてありませんか?

■私だって自由な時間が欲しい

子供はかわいいから好きだけど、

「息抜きが欲しい」
子供の相手をするには身体も心も結構消耗しますよね。遊ぶにしても同じ事を何度も繰り返して、抱っこと言われれば10kgを超える重さを30分や60分や120分とずっと。

オムツの交換・トイレに付き合う・ご飯をなかなか食べてくれない・片付けがまだまだ出来ない・お風呂を嫌がる・歯磨きを嫌がる・寝付きが悪い、など日々これらの相手を休む間もなくしていくのは肉体労働に近いものありますよね。

旦那はそれを奥さんがするのが当たり前と思っていて、
「稼いでくるのは俺の役割」
日中家にいる奥さんは
「家事子育てはお前の役割」
なんて脳内で昭和的に分かれているんでしょう。

更には旦那は家事を何も出来ないから当然のようにご飯やお弁当、お風呂や掃除をやってもらえて当たり前の状態。

私はあなたのお母さんじゃない。
家政婦じゃない。

家事の事はまた別の機会に取り上げることにしますね。

■あなたはこの子の父親なのに

仕事を理由に子育てに非協力的な旦那さんからすると、奥さんから子供の世話をしてほしいと言われると、

「仕事で忙しい」「仕事を休めない」「俺の代わりはいない」

とかで「仕事していないんだからそれぐらいしてよ」とか、日中の様子を知らない旦那さんからは「暇してるんだから子供の世話ぐらいできるでしょ」などと、残念な言葉を発しますよね。

会社員なら、仕事の代わりは間違いなくいます。極端な話、旦那がいなくても会社は滞りなく回りますよね。でも子供の父親は間違いなく旦那さん1人しかいません。

友達のところの旦那さんは協力的だけど、自分のところは・・・なんてつい比較してしまったり、休みの日はどこにも連れて行ってくれなかったり、不満は募るばかり。

■一緒に育てていきたい

息抜きと疲れを分散させたいということもあるかもしれませんが、一番はその子の父親と母親が一緒に子育てしていくのがベストですよね。その子の愛情の偏りで母親は大好きだけど父親はダメ男の認識が生まれると小中高と父親として立場が無くなります。

旦那さんは父親としてそれでいいと思ってるのでしょうか?
それとも、その時に頑張れると思っているのでしょうか。こういうのは愛情の積み重ねですからね。その場しのぎで旦那が子供に好かれようと思っても、その瞬間だけで子供はすぐに冷めてしまいます。

奥さんもその旦那に頑張ってもらいたいと思うんでしょうけども、どこかで子育てに関しては旦那に期待するのは見切りをつけたほうがいいのかもしれません。

その代わり奥さんの方で上手に息抜きしながらしてはいかがでしょうか。
自分のお母さんお父さんに手伝ってもらうとか、旦那のお義母さんに手伝ってもらうとか。

それでもそこに頼れない場合は、外部にお願いするのもありだと思います。

ベビーシッターサービスも全然ありだと思いますよ。少しの時間だけ預けたり、最初は目の届く範囲で代わりに面倒見てもらったり。
料金は1000円ちょっとからかかりますが、毎日じゃなくて、たまにの2時間や3時間だけ利用して息抜きをした方が心にゆとりが出てきますよね。

なんとなく後ろめたいって思う人もいますが、保育園と大差ありません。
保育園は共働きで日中子供の面倒が見れないからお金を毎月4万〜8万ぐらいを払って毎日保育園に預けてます。仮に8万円保育料がかかっているとしたら平日20日換算で一日4000円です。

一般的にベビーシッターに依頼すると4000円なら2、3時間は面倒見てくれるんじゃないですかね。
週一日は自分へのご褒美ということで、そういう外部サービスもたまには取り入れてみてはいかがでしょうか。

現在は関東圏だけですが、一つだけそういったサービスを簡単に紹介して終わりにしたいと思います。

ピックシッター

シッターサービス

ピックシッターで確認して見てください

とりあえず使うか使わないかは置いておいて、会員登録は無料です。
登録を事前にしておくと急な病気とかで子供の世話が出来ない場合に便利ですよ。

ポイント
✔︎認可保育園を運営している企業がシッターサービスも展開しており安心感あり
✔︎バイリンガルシッターや家事代行も可能
✔︎入会無料で年会費なし 利用した分のみ課金
✔︎利用は最低2時間からで時間当たり1500円〜+シッターさんの交通費
✔︎万が一何かあった際のための保険加入あり
✔︎逆にシッター登録したい場合も可能

以上です。

スポンサーリンク