【丹波篠山 やまもりサーキット】20年10月宿泊

自然 Outdoor
スポンサーリンク

秋はキャンプシーズンでどこも週末の予約がいっぱいになります。
今回は平日に一泊した際の感想をまとめてみました。

行った場所は「丹波篠山 やまもりサーキット」。

丹波篠山キャンプ場やまもりサーキット

【やまもりサーキット ブログ】事前のまとめ

前日は雨、チェックイン当日は曇り、チェックアウトが晴天!でした。
雨降りと重なるとキャンプはやれることがテント内か、車で出掛けるしかできなくなるので雨だったら・・・と心配してましたが、ギリギリ当日は止んでよかったです。

やまもりサーキットに行ってきた

やまもりサーキット
10月中旬の金曜から土曜にかけて一泊ですが「丹波篠山 やまもりサーキット」に行ってきました。

やまもりサーキットのキャンプ場自体はおおよそ40組までいけるらしいのですが、この日は平日とあって半分の20組程との事でした。
週末の予約はキャンプシーズン中は早めに予約しないと取れませんからね。

雨には降られませんでしたが、前日までは雨だったので芝生の具合は当然濡れてましたが、水捌けがいいのか、そんなに気になる程ではありませんでしたよ。

全体的な感想

大人2名 3歳児1名 計3名

平日の一泊 5,000円
黒豆の収穫体験 ひと組1,500円
ゴミ処理料 300円
合計で6,800円(税込)でした。

お会計は予約時にカード決済希望してたので、チェックアウトのタイミングで決済されましたメールが来ました。

チェックインには10分ぐらいかかります。
施設利用の注意事項などですね。

ゴミ処理料に関しては燃えるゴミはキャンプ場に出せて、それ以外は持ち帰りです。仮に燃えるゴミを持って帰るにしてもゴミ処理料は自動的に徴収されるようです。

サイトは広い区画で仕切られており、芝生も綺麗、炊事場やトイレも綺麗、併設されてる温泉施設も綺麗、子供も遊べる遊具もあって6,800円で一泊出来るのであればいいと思います。

価格的には1名宿泊の安いビジネスホテルって感じでしょうか。
写真は後で載せますが、トイレとかめちゃくちゃ綺麗でキャンプ場のトイレとは思えないレベルです。
ウォシュレットだと完璧です。

併設されてる温泉施設はキャンプ利用者は500円でした。
こちらも綺麗な施設で露天風呂もあります。
21時で閉まるので20時台が混み合うとのこと。

ペット同伴で泊まれる区画もあるのですが、今回そちらには足を踏み入れてないので割愛します。

6,800円で大人2名+子供1名 計3名
キャンプ場の相場的には安くは無いですが、逆に安易にキャンプしに来るサークル的なノリがいなくていいのかもしれません。

就寝時間というか、21時になるとスタッフが「21時になりましたので静かにお願いします」とキャンプ場内を言って回ってました。

チェックイン時もそういう説明でしたしね。
21時以降は静かにお願いしますね、と。

我々も子供を寝かしつけて、その後はまったりと焚き火の続きをしてました。
夜は星も綺麗に見えて静かに過ごせましたね。

あと、夜露がすごいのでゴミを入れてた袋も含めて可能な限りの荷物はテント前室に入れてたのですが、夜中にガサゴソとテント周りで物音が聞こえるんですよね。

キャンプあるあるですが、野生動物です。

たぬきなのか何なのかわかりませんでしたが、前室に入れてたゴミ袋からの食べ物の匂いが気になってテントの下の隙間から口を出してゴミ袋を引っ張っていたようです。

朝に確認したらゴミ袋の端がかじられた跡が・・・。

夜中〜明け方の気温は10月半ばでも10℃ぐらい?でしたので薄手の寝袋だとちょっと寒いでしょう。

秋キャンプの注意
・夜露対策
・動物対策
・寝袋対策

は必要ですね。
夜中の動物はちょっと恐怖感ありますからね。

キャンプ場の施設

管理棟
受付と管理棟

ハロウィン仕様
ハロウィンの飾り付けもわざわざしてあって気が利いてますよね。

サイト風景
サイト風景1

サイト風景2
サイト風景2

スノーピークテント手ぶら
手ぶらキャンプ用のスノーピーク
これで3万円?は高いと思います・・・。
もっと大きくて快適なテントならいいと思うんですが。

炊事棟
炊事場

トイレの張り紙
トイレの張り紙

手洗い
トイレ内の手洗い場

男子トイレ
男子トイレ

男子トイレ2
男子トイレ2

トイレ入り口
トイレ入り口

丹波の黒豆
丹波の豆の収穫体験

吊り橋
吊り橋

サイトの全体
キャンプ場の全体図

温泉施設は撮るの忘れちゃいました。
行く前には、やまもりサーキットの行った人のブログを事前に見たりするんですけど、トイレ情報って綺麗と言うだけで肝心な中の写真がなかったりなので、私個人的にあると助かると思って自分で撮ってあげておきました。

子供は遊具で遊べていいですし、全体綺麗に設備が整ってて快適ですし、料金もキャンプ場にしては安くはない部類に入るために、それなりの人が訪れてる印象です。炭の捨てる場所もありましたり、管理棟で薪やらちょっとした物なら売ってますしね。

食材とかは車で買い出しするなり事前に準備しておきましょう。

【キャンプ 肉】アウトドアの肉は特別な物にしませんか?

以上です。

スポンサーリンク