【40代 小遣い】リアルな1ヶ月の財布事情

40歳のリアルお財布事情 Life
スポンサーリンク

・年代別の平均お小遣い

・リアルな使い道は

・まとめ

 
「自分のお小遣い、もしくは旦那のお小遣いは、他の人と比べてどうなの?」

いつになっても、そんな疑問は出てくると思います。

しかもお小遣いにスマホ代が入る入らないがあったり、昼食代は別だったり、人によってお小遣いの内訳も異なるので比較となると難しいですが、

ここでは40歳の私のお小遣いをベースに見ていきたいと思います。

■ 年代別の平均お小遣い

新生銀行調べ
“新生銀行調べ”
2020年サラリーマンのお小遣い調査

20代から50代の男女2,700人を対象にして調査した結果とのこと。

先に世間一般のお小遣いを見てみましょう。

未婚・既婚を合わせた平均になりますが、20代は未婚が多くて自分に使うお金が多くて、男性は30代や40代は結婚して子供も出来てお小遣いも20代と比べると下がる傾向のようです。

男性は50代になると収入にゆとりもあって、子供もお金がかからないようになるのか20代の水準に戻る結果ですね。

女性は20代がピークでそこから自分のお小遣いは減少傾向ですね。
もう家庭の財布と一緒にしているとかでしょうか?

未婚者のお小遣い
“新生銀行調べ”
2020年サラリーマンのお小遣い調査

未婚の方がそりゃあ使えるお金は自由ですからね。
結婚すると、夫婦2人のお金として将来設計などでお小遣い制になって、子供有無や奥さんの専業主婦なのかによって少し変わるようです。

専業主婦の家庭はそもそも旦那さんだけの収入でやっていけるので、お小遣いも低くはないの人が多いのでしょうか。羨ましいですね。

 
そして以下のグラフが「配偶者のお小遣い」になります。
回答者が男性なら奥さんのお小遣い、回答者が女性なら旦那さんのお小遣いを回答って事ですね。
既婚者のお小遣い
“新生銀行調べ”
2020年サラリーマンのお小遣い調査

女性会社員の平均回答40,559円は旦那さんのお小遣いってわけですね。
男性会社員の平均回答が23,027円と低めなのは専業主婦の人もいたりするからなのでしょうか

■リアルな使い道は

お小遣い事情

私(40歳)の月のお小遣いは月65,000円です。
ちなみに共働きで3歳の子供1人の世帯です。

スマホ代・昼食代・散髪代・服代・投資代・その他、が込み込みです。

✔︎スマホ代 14,000円

✔︎家のインターネット代 4,000円

✔︎昼食代(+コーヒー代) 1日平均1,000円としたら20日間で20,000円

✔︎散髪代 2,700円

✔︎投資信託(積み立てNISA) 12,500円

この5つで53,200円、毎月出ていく固定費みたいなものです。

この固定費を除くと、残りの11,800円が自分で自由に使えるお金です。
でも実際は昼食代は節約して自由に使える分を増やしています。

投資信託とかも別に個人でする必要もないんですが、自分のお金が増えたらいいなということで始めてます。

投資信託の運用収益は今15%出ているので、まずまずではないでしょうか。
銀行に預けてても○銭とか1円増えるとかなのでNISAを活用した方がお得ですよね。

あとインターネット代が含まれているのは、携帯キャリアがソフトバンクなので、家のインターネットもソフトバンクにしている関係で支払いが合算なんですよね。

なので私のスマホ代にそれが含まれて支払いをしています。

財布には千円札5枚のみを入れて、あとは銀行口座に移します。

普段の支払い方法は電子マネーかクレジットカードなので、カードの支払い額は5万〜10万を超える月もあり、基本的には個人の口座は全然貯まりません。

昼食代にプラスαだけなら、
昼食代20,000円
その他10,000円
合計月30,000円

とか、

昼食代20,000円
その他20,000円
合計月40,000円

とかで40歳の平均36,000円ぐらいになりますね。

結局のところ、お小遣いにどこまで入るのかで変わりますね。
お小遣いが多いと思う人は昼食以外の固定費みたいな支払いするのも入っているかもしれません。

■まとめ

40歳のお小遣い

世間の40代男性の平均お小遣いは36,449円なので、私の65,000円は多い部類に入るようです。

ただ、スマホやネット代を除けば、昼食代・散髪代・投資信託代を合わせると35,200円なので、平均的という見方もできます。

物欲が少なめな人とか、お酒を飲むとかがなければ質素に月30,000円でもいけそうですが、自分の楽しみがない人ならって感じです。

結婚して家庭を持ったり、子供が出来るとお小遣いの見直しが入る事もあるかと思いますが、多少遊べるお金があるとうまくいくのではないでしょうか。

 
以上です。

スポンサーリンク