【WWS スーツ】ワークウェアスーツは買いなのか

WWSは買いか Shopping
スポンサーリンク

・WWSとは

・WWSスーツの特徴

・WWSのジャケットについて

・WWSのパンツについて

・価格帯

・まとめ

ここ最近はカチッとしたスーツ姿を街中で見る機会は通年でみても減ってきているのではないでしょうか。
感染症対策として出社するスタイルよりかは在宅勤務・リモートワークなどを取り入れている企業も多く、上着を着る機会は2020年から極端に減ってきました。
とはいえ、web会議時は上着着用であったり、出社時は必要になったりは真夏では着なくともジャケットを着る機会がなくなるなんてことはないでしょう。

そんな中で、各メーカーは在宅時でも気軽に羽織れてシワになりにくい機能性の素材を使ったジャケットとパンツに力を入れています。
スーツもだいぶライトに着れるようになってきましたよね。

ファストファッションのUNIQLOが感動スーツを扱い出して、他の紳士服店からのユーザーも今やユニクロに流れて来ている中で、最近異業種から参入してきたWWSについてまとめていきたいと思います。

■WWSとは

WWS
(出典:WWSより)

WWS(work wear suit)

「スーツに見える作業着」をコンセプトに水道会社がビジネスシーンでも作業シーンでも両方着ることが出来るスーツを手掛けて販売しています。
スーツなのか、作業着なのか、どちらなのかと言えば、「どちらの機能も有している」のではないでしょうか。

手がけている企業は「株式会社オアシススタイルウェア」、水道工事関連を中心に手がけるオアシスライフスタイルグループが2017年12月に立ち上げた企業です。

企業名:株式会社オアシススタイルウェア
所在地:東京都港区北青山1-2-3
URL:https://oasys-inc.jp/

WWSは関東を中心に店舗展開をして、直営店舗は21年夏現在は6店舗ですが、取扱店舗であれば全国に多数あります(取扱店舗一覧)。

そしてなんと公式オンラインショップ限定ですが、出荷日から30日間は無料で(送料も)完全返品保証をしてくれます。しかも、30日以内であれば、何度実際着用しても汚れた場合でもサイズが合わないとかであっても全て無料で返品ができます。
返品時は着払い伝票で大丈夫です。
(完全返品保証について)

■WWSスーツの特徴

WWSの特徴
(出典:WWSより)
水道会社が作ったスーツだけあって、汚れても自宅でガシガシ洗濯機で洗うことができるウォッシャブルスーツ仕様。
ここ最近はカチッとしたスーツを着る機会が減ってきており、ユーザーとしては機能性が重要視されてきています。
ストレッチが効く、自宅で洗える、ジャケットを丸めてカバンに収納ができるなど、これまでのカチッとしたスーツではできなかった機能が支持されていますが、リモートワークや在宅勤務時のweb会議でジャケットを着なければいけない場面などはサッと着やすいものがいいですね。

・水や汚れを弾く撥水性

・洗濯機で毎日丸洗い可能

・速乾性(部屋干しで3~4時間ほど)

・抜群のストレッチ性

・シワになりにくくアイロン不要

スーツっぽい作業着にはなりますが、一見見ても作業着とは思えず、デザインはまさにスーツです。普通にスーツとして普段使いが出来て、雨の日とかは水を弾くので重宝するんじゃないでしょうか。
ベタつかず夜洗って朝乾いている速乾性はスーツの概念を超えたものかと思います。

オリジナル素材である「ultimex(アルティメックス)」を使用し、ストレッチ性が良く、毎日洗えてすぐ乾く。ストレスフリーでなめらかで抜群の着心地。

2020年3月に兵庫県西宮市の阪急西宮ガーデンズに関西初店舗を出店しましたが、緊急事態宣言が出て空いたり閉まったりの状態でした。

著者も兵庫にいるので店舗に足を運んでお店のスタッフに話を聞きながらWWSのスーツを手に取ってみた次第ですが、まだサイズオーダーはしていないとのことなので、ジャストサイズにはできないようです。
サイズに直しが必要な場合は近くのリフォーム店に別途自分で出す必要はあります。

ただ、すごく機能的なスーツで雨天時は特にパンツなど裾が濡れて嫌な思いをすることが多々あるので、WWSだと雨を弾くということで重宝できそうです。

雨が染み込んで来ない、雨が水の玉となって生地の表面から流れていくのでかなり撥水性は高いです。そして、ドライ機能もついており、通気性も兼ね備えています。

軽い、通気性良し、自宅で洗える、ストレッチ性抜群、シワ防止あり、速乾性あり、撥水性抜群、など機能性ジャケットとしてかなりポテンシャルが高いスーツのような作業着じゃないでしょうか。

■WWSのジャケットについて

WWSのジャケット
(出典:WWSより)

いいところ
・素材(機能性含む)

・色展開が豊富

・見た目がビジネスっぽい

・本切羽仕様

改善してほしいところ
・デザインのバリュエーションが欲しい

・サイズオーダーやお直しができない

素材自体はポリエステル100%です。
色展開は5色展開で①ブラック ②ダークネイビー ③チャコールグレー ④オリーブ ⑤ベージュ となります。
ジャケットとパンツは同様の色展開ですので、セットアップは勿論可能です。

ジャケットは「裏地あり」と「裏地なし」とありますが、裏地なしのほうが軽くて着やすいのかなと思います。
通年着れますが、そもそも秋冬は中にセーターやヒートテックなどで防寒対策は容易なので、ジャケットは裏地なしにして重ね着した際の肩周りの動きにくさを出さない為にも裏地なしがオススメです。

ジャケットの表のポケットはフラップありの型となしの型とありますが、これは好みですよね。個人的には「あり」のほうがよりビジネス要素を感じますが、業種や職種次第なところはあります。
また、袖のボタンですが、3個ボタンとなり標準で本切羽仕様です。なので作りは結構スーツっぽいように見せるこだわりを感じます。
ボタンの色

ボタンの色は黒とベージュの2色展開で、ジャケットの色がベージュのみボタンもベージュで、他4色のジャケットの場合はボタンは黒です。
ボタンを変えたい場合もリフォーム店で取り替えてもいいかなと思います。

ジャケットの後ろはセンターベント一択です。
センターベントとサイドベントのどっちがいいとかはありませんが、最近はセンターベントのほうが全体的には多いのではないでしょうか。

■WWSのパンツについて

WWSのパンツ
(出典:WWSより)

いいところ
・素材(機能性含む)

・色展開が豊富

・センタープレス型もある

改善してほしいところ
・ウエスト部分のデザイン

・シルエット

・サイズオーダーやお直しができない

パンツに関してですが、一言で言うならもうちょっと頑張ってほしいというところです。素材はすごくいいのにシルエットやデザインがイマイチで買いたい!と思うかと言われるとちょっと躊躇います。
機能性を重視してデザインやシルエットに目を瞑ればいいのですが、ちょっと今のデザインだとそこまでには至っていないので買いたいけどビズネス用としては躊躇ってしまいました。

ポケットも前と後ろとサイドなど豊富にあり、かなり深いので様々な物を入れても落としにくい工夫がされていますが、著者はそもそもパンツに物を入れる習慣がないのでそこは特にいいところではなかったです。

あくまでもスーツに見える作業着なので、ビジネスシーンで使う目線での話ですが、全体的にテーパードがきいているのですが、それでも太い感がありサイトを見ても履いているモデルとパンツとのサイズが合っておらず裾が長くてやぼったい感が出ています。

WWSのパンツで不満点
(出典:WWSより)

着用時の後ろを見てもヒップが釣り上がっている感もあり、特にウエストのベルト部分ですが、後ろはゴムでベルトなくても大丈夫なようにしていますので、スーツとしての側面で見るならばベルトしてもゴム部分がどうしても見えてしまいます。ゴム部分は両サイドとかにしても良かったのではないかなと思いました。

ワイシャツを着て上着を常に着用しているなら見えませんが、上着を脱ぐとなるとどうしてもウエスト部分がゴムなんだなと見えてだいぶカジュアル感が出てくるので、仮にシルエットは直せるとしても、ウエストのゴム部分はどうしようもないのでそこさえなければと悔やまれます。
前からだけ見ると問題ないのですが、後ろがカジュアルでもあり、スーツスタイルとしては合わないのかなと思います。
TシャツとかパンツにINしないのであれば問題はないです。

もちろん作業着としてであればウエストのゴム部分は全然問題なく、当たり前な仕様ですので気にすることはないです。

■価格帯

WWSの価格帯
一部の限定モデルの除けばジャケット単体で税込でも2万円を切り、パンツは1.5万円以下です。
セットアップで購入するならば3.5万円以内で上下が購入できます。

最近のスーツだと3.5万円あれば上下を揃えることはできますので、特別安いということはありませんが、素材の部分で見ると一般的なスーツを購入するよりもコスパは良いのではないでしょうか。

どのメーカーもウォッシャブルスーツを出していて、ストレッチや速乾性やシワ防止など似た機能を有してはいるのですが、WWSの撥水性は一番高いと思います。この部分は水道工事会社ならではですが、一般的にスーツに撥水性は求められないですが、雨の日のスーツは濡れるのが嫌になるので「あったらいいな」を実現しているのがWWSですね。

■まとめ

WWSのまとめ
WWSが世に出てから2021年の夏時点でまだ3、4年程しか経っていませんが、少なくともジャケットに関しては袖丈などの直しはしたほうがいいと思いますが購入意欲は掻き立てられました。

機能性を求めるならば購入の価値ありでした。

パンツはウエストのゴム部分が気にならなければ問題ありませんが、上着を脱いだ時にカジュアル感がだいぶ出るので注意が必要です。

とはいえ、かなり機能性は高いので通年で活躍できるのは間違いないのではないでしょうか。1着でもあると雨の日は快適に過ごせそうですね。

公式オンラインショップからの購入であれば30日間無料なので、近くに取扱店舗がない場合でもネットから複数サイズ購入して試すことができるのはいいですよね。

また、よくAmazonを使う人であれば、Amazonサイトでも販売されています。

以上となります。

スポンサーリンク